2012年03月31日

ダル毎回の6回11K!ジアンビにメジャー初被弾

(オープン戦、ロッキーズ−レンジャーズ、30日・スコッツデール)レンジャーズのダルビッシュ有投手が、前回登板の紅白戦(25日)から初の中4日で、初のナイター登板。6回を投げ、ジアンビにメジャー初の本塁打を打たれるなど3失点も、6被安打、2四死球で毎回の11三振を奪った。

 初回は先頭のスクータロに四球を許し、盗塁で無死二塁。2番・ファウラーを真ん中154キロで空振り。3番のC・ゴンザレスを149キロのツーシームで空振り、4番・トロウイツキーを外角低めの154キロで見逃しと、3者連続三振で上々の立ち上がりをみせた。

 しかし二回、先頭のヘルトンに2−0からの148キロを弾き返され左越えの二塁打。続くジアンビにも2−0とし、内角の149キロを右翼席に叩き込まれる2ランを被弾。メジャー初本塁打を浴びた。

三、四、五回は、四回二死からジアンビにhttp://do-the-livechat.com/を敷いた狭い二遊間を痛烈に破られる中前打を打たれただけの危なげない投球。六回先頭で右前打の2番・ファウラーに盗塁され、久々に得点圏に走者を置いた。

C・ゴンザレス、トロウイツキーの3、4番をともに3打席連続三振で二死としたものの、暴投で三進され、ヘルトンに左前に適時打を打たれ3点目を献上。

ジアンビに3安打目となる左線への二塁打、カダイヤーに死球で二死満塁のピンチを招いたが、パチェコは大きな中飛で切り抜けた。 
ここ数試合定まらなかった制球も安定し、四球は初回の1つ。今後はマイナー相手に1試合登板予定で、公式戦デビューとなる4月9日(日本時間10日)本拠地のマリナーズ戦に挑む。



ダルビッシュには素直にがんばってもらいたいですね!!
posted by 高橋 at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。