2009年10月09日

島田紳助が若手の胸ぐら掴み…

島田紳助が司会を務めた3日夜のTBS特番「オールスター感謝祭」をめぐり、ちょっとした事件が起きている。
紳助が生放送中、若手芸人と揉み合いになる場面が偶然映り、ネット上で騒ぎになっているのだ。
問題のシーンは、番組でサーカス団シルク・ドゥ・ソレイユがパフォーマンスを披露したときに起きた。TVカメラの前を紳助とみられる人影が通り過ぎた直後、音声には「コラァ!」の怒声。
しばらくして回答者席が映し出されると、出演タレントらが一方を向いて、ボー然としている。司会の島崎和歌子や西川きよしが走る姿も映り、不穏な空気が流れた。

画面はいったんシルク・ドゥ・ソレイユに戻った後、再び回答者席にフレームイン。その瞬間だった。紳助が芸人トリオ「東京03」の座席付近で揉み合いになり、周囲が止めに入る様子がバッチリ映し出されたのだ。
この映像はすぐに動画投稿サイト「YouTube」にもアップされ、「紳助が胸ぐらをつかんでいた」「東京03はこの後、ずっと生気を失っていた」と書き込まれた。オール巨人のブログにも、この件について書き込みがあったようで、オール巨人はブログでこう書いていた。

「何か少しカチンと来たのでしょうね。でも大丈夫ですよ。少し怒った後に打ち上げも一緒に行って最後は握手をしてハッピーエンド」

それにしても、紳助はなぜキレたのか。TBSの広報担当者は「分かりません。その後、事務所や当事者同士の間でトラブルなどはないと聞いています」と、多くを語ろうとはしなかった。
こんな騒ぎになるのは、紳助の不徳と言うべきか。
posted by 高橋 at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。