2009年12月08日

押尾容疑者再逮捕! 判決から1か月、MDMA譲渡容疑で

元俳優・押尾学容疑者(31)が飲食店従業員の田中香織さん(当時30歳)に合成麻薬MDMAを譲り渡したとして警視庁捜査1課は7日、麻薬取締法違反(譲渡)の疑いで押尾容疑者を逮捕した。

保護責任者遺棄容疑も追及する方針だが、容疑を否認している。

また、押尾容疑者にMDMAを渡したとして知人の衣料品販売業・泉田勇介容疑者(31)、田中さんの携帯電話を捨てたとして証拠隠滅容疑で元マネジャー・遠藤亮平容疑者(28)もそれぞれ逮捕した。

逮捕状請求から4日目。

押尾容疑者はこの日午後4時過ぎ、横浜市内で逮捕された。

午後5時36分、押尾容疑者を乗せた車が、東京・麻布署に到着。

白いVネックのシャツに茶色のジャンパー姿、帽子をかぶっていたが、直前で左隣の捜査員が帽子を取り、窓越しに表情がはっきりと映った。

報道陣を少しにらむように左右を見た後、ぶぜんとした表情で顔をあげた。

おびただしいフラッシュが車の中を照らすとみけんにしわを寄せ、不愉快な表情で署内に入った。

同署では署員が「大統領(の来日)よりすごい警備」と漏らすほどの50人態勢で交通整理。

到着時はやじ馬がごった返し「オシオ〜」の叫び声と署員の笛の音が響き、騒然となった。

押尾容疑者は8月2日、東京・六本木ヒルズのマンションで、田中さんにMDMAを譲り渡した疑い。

だが、今回は殺人など凶悪事件を担当する捜査1課の逮捕。

田中さんは一緒にMDMAを飲んだ後に薬物中毒で死亡しており、保護責任者遺棄容疑でも再逮捕を視野に調べる方針だ。

関係者によると、押尾容疑者は8月2日午後2時30分ごろ、マンションに田中さんを呼び、泉田容疑者から7月31日に手に入れたMDMAを一緒に飲んだ。

午後6時30分ごろ、田中さんは手をけいれんさせるなど容体が急変。

同容疑者はすぐに119番通報せず、田中さんは死亡した。

その後、遠藤容疑者、泉田容疑者、マネジャーの上司、他の知人の4人を呼び、他の知人が119番通報すると、泉田容疑者とマンションの別の部屋へ移動し、都内のラブホテルへ。

薬抜きのため泉田容疑者の知人が用意した生理食塩水の点滴を受けた。

押尾容疑者は10月に受けたTBSの直撃取材に「(救急車は)呼んだよ、ただ別のやつに頼んだ。俺はそのとき適切な救命措置を取っていた」と弁明。

心臓マッサージをしたと供述しているが、119番通報を本当にすぐに知人に頼んだか、なぜ自分で呼ばなかったのかは疑問の余地が残る。

捜査関係者によると、押尾容疑者と泉田容疑者の間には、薬物の譲渡をうかがわせるようなメールのやりとりがあった。

しかし、両容疑者は容疑を否認している。前回の逮捕でも「MDMAと知らずに飲んだ」などと当初、取り調べにウソを連発した。

今後の言動や、“空白の3時間”を巡る保護責任者遺棄容疑での再逮捕、量刑に注目が集まる。

嘘ついても罪が重くなるだけなのにね。

でも人間だから嘘ついちゃうものっていうのもわかるけど。

まだ若いんだしちゃんと反省してやり直してほしいです。
posted by 高橋 at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。